メニュー

潰瘍瘢痕

潰瘍瘢痕とは、潰瘍が治って傷痕になった状態のことを言います。

周辺の粘膜をひきつれたようにして治っていくため、潰瘍の瘢痕には周りの襞が集中したような形態となります。

同じように襞が集中している病気として、早期胃がんもあるため、注意深く観察し、場合によっては生検なども施行し、しっかりと診断をつけることが重要です。

 

<胃潰瘍及び胃潰瘍瘢痕の内視鏡写真>

潰瘍瘢痕

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME