メニュー

実際の治療例 “薬をやめると胸やけをぶり返す”

[2023.11.04]

当院を受診された患者さんの実際の治療経過です。

 

40代 男性 薬をやめると胸やけをぶり返す

 

【症状】

以前から胸やけを繰り返しており他院にて逆流性食道炎と診断され薬を内服していましたが、やめるとぶり返すとのことのことで当院を受診されました

 

【診察】

前医で施行された内視鏡(胃カメラ)検査の結果と症状から、当院でも逆流性食道炎と診断しました。

 

【治療】

前医ではPPIと呼ばれる制酸剤にて治療を受けて、飲んでいる間は改善するとのことでした。

PPIは胃酸を抑える薬ではありますが、内服をやめると抑えられた分の胃酸がそれまで以上に出てしまうという「リバウンド現象」を起こすことがあり、なかなか中止出来ずに飲み続ける、あるいは飲んだりやめたりを繰り返すことがあります。

当院オリジナルサプリのi-katsuはこの制酸剤のリバウンド作用を抑える作用も報告されており、ご本人も「薬を飲み続けるのは抵抗があり、なるべく薬は飲みたくない」との希望があり、i-katsuを併用し様子を見ることとしました。

 

<治療内容>

1.生活習慣指導

症状があるときは揚げ物などの油物や高たんぱくの食事を控えていただくようにしました。

※高たんぱく、高脂肪、香辛料、高カフェイン(コーヒーなど)の過剰摂取は胃酸の分泌の増加につながり、逆流性食道炎を増悪させます。

 

2.サプリ(i-katsu)

制酸剤のリバウンドの抑制作用があり、薬の中止・再燃の防止作用が期待でき、またi-katsuはサプリ(食品)ですので、通常は副作用が出ることがなく、長期間安全に飲んでいただくことができます。

 

【経過】

当初は胸やけの症状も強く、PPIとi-katsuサプリを併用して治療を開始しました。

1週間ほど治療を続けると胸やけ自体はなくなったとのことで、i-katsuは続けつつ、PPIは中止しました。

普段はPPIを中止すると1-2週間で再発していたとのことでしたが、今回は再発もなく安定しており、ご本人よりサプリは続けてみたいとのことでそのまま続け経過を見る方針とし、その後も症状の再燃はなく、i-katsuを続けながら快適に生活をおくられています。

 

このようにi-katsuは逆流性食道炎をぶり返しやすい方にも有用なサプリで、この方のように当初はPPIなどの制酸剤と併用しつつ、落ち着いたら状態維持のためサプリのみで治療を続けるという方も増えておられます。

※i-katsuを使った他の治療例は “i-katsuの治療例” からご覧いただけます。

文責:神谷雄介院長(消化器内科・内視鏡専門医)

 

i-katsuの詳細はこちらからご覧いただけます

 

 

■関連ページ■

逆流性食道炎

当院オリジナルサプリi-katsu

なぜ逆流性食道炎に「i-katsu」が効くのか?

胃内視鏡(胃カメラ)

検査・診察予約

HOME

ブログカレンダー

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME