メニュー

実際の診療例 “腫瘍マーカー(CEA)の上昇で発見された大腸がん”

[2024.01.08]

当院の患者さんの実際の治療経過です。

 

50代男性 人間ドックの腫瘍マーカーの上昇

【症状】

特に自覚症状はありませんでしたが、人間ドックで腫瘍マーカー(CEA)の上昇を指摘されて来院されました。

 

【診察】

CEAは腺癌と呼ばれるガンで上昇することがある腫瘍マーカーで、陽性の方には胃ガン肺がん大腸がんのなどリスクがあることをご説明しました。

人間ドック時には肺のCTと胃内視鏡(胃カメラ)はすでに受けておられ問題なかったとのことで、大腸内視鏡検査を受けていただくことにしました。

 

【内視鏡検査】

大腸内視鏡ではS状結腸に腫瘍を認め、生検で大腸ガンとの診断結果でした。

青い円で囲まれた部分の腫瘍がガンです。

 

【治療】

残念ながら進行がんのため内視鏡治療はできない状態でしたが、幸いにも転移はなく手術にて完治しました

 

腫瘍マーカーはガン以外にも炎症喫煙糖尿病などでも上昇することがあり、数値が高値だからと言って必ずしもガンと言うわけではありませんが、実際に今回のようにガンが見つかるケースもあるため、リスクがある臓器の精密検査は受けることが重要と考えます。

 

文責:神谷雄介院長(消化器内科・内視鏡専門医)

 

■関連ページ■

大腸内視鏡(大腸カメラ)

大腸がん

なぜ大腸内視鏡は痛くて苦しいの?

大腸内視鏡のQ&A

次世代内視鏡システム「EVIS-X1」

診察/検査予約のご案内

大腸内視鏡(大腸カメラ)の詳細はこちらから

HOME

ブログカレンダー

2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME