メニュー

咽頭がん

見つけにくいと言われる早期の咽頭がんも、胃カメラの際に工夫して観察することで見つけることが可能になってきています。

NBIという色調を変化させる方法や、鎮静剤で咽の反射を抑えて咽頭をしっかりとみることが大事です。

胃カメラ(胃内視鏡)時の咽頭の観察についての詳細はこちらをご覧ください。

 

<咽頭がん1(下咽頭がん)>

 

<咽頭がん2(喉頭蓋がん)>

文責:神谷雄介院長(消化器内科・内視鏡専門医)

→→→→→疾患一覧に戻る

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME