メニュー

胃底腺ポリープ

胃底腺ポリープはほとんどの場合、ピロリ菌がいない方に出来る良性ポリープです。

ポリープと聞くと嫌なイメージがありますが、いわゆる大腸ポリープと違いガン化のリスクはほぼないため基本的には切除は必要なく、胃カメラ(胃内視鏡)で見つかっても特に処置は行わず経過観察で問題ないことがほとんどです。

また、プロトンポンプインヒビター(PPI)という胃酸を抑える薬の内服でもこのようなポリープが認められることがありますが、こちらに関しても良性ですので様子見で十分です。

 

<胃底腺ポリープ①>

クリックすると拡大表示します

 

 <胃底腺ポリープ②>

 

クリックすると拡大表示します

文責:神谷雄介院長(消化器内科・内視鏡専門医)

■関連ページ■

胃カメラ(胃内視鏡)

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME