メニュー

表層性胃炎・胃びらん

表層性胃炎や胃びらんとは胃酸の分泌過多や胃の表面の防御機能の低下により、胃の粘膜が荒れてしまっている状態です。

無症状のことも多く、胃カメラ(胃内視鏡)検査してたまたま見つかるかたもいますが、胃痛や胃もたれ、吐き気なのどの症状がある場合は、胃酸の分泌過多を抑える制酸薬や胃の防御機能を高める薬などで治療を行います。

 

<実際の表層性胃炎の内視鏡所見>

文責:神谷雄介院長(消化器内科・内視鏡専門医)

→ → → → → →疾患一覧へ

 

<関連ページ>

胃内視鏡(胃カメラ)

胃痛・腹痛外来

 

 → → → → → →疾患一覧へ

→ → → → → →ホームへ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME