メニュー

がん [エコー症例]

【肝臓】【膵臓】【胆嚢】【膀胱】【大腸】【胃】

 

【肝臓】

肝細胞がん:黒い輪郭に縁どられた腫瘍。内部は白と黒のパーツを組み合わせたようなモザイク状を呈している。

肝臓がん

肝臓がん

転移性肝がん:黒い輪郭の腫瘍を複数認める。検査の結果、大腸がんからの肝臓転移であった。

転移性肝がん

転移性肝がん

 

【膵臓】

膵臓がん:膵臓内に約2㎝の腫瘍を認め、主膵管の拡張を伴っている。発見が早く脈管への浸潤がなかったため、手術可能であった一例。

panc.ca.1

 

【胆嚢】

胆嚢がん:胆嚢(緑枠)内に不整な腫瘍(矢印)を認め、豊富な血流(赤)が検出される。

GB Ca1

 

【膀胱】

膀胱がん膀胱内に1.5㎝の表面不整な広基性腫瘍を認める。

 → → →膀胱内の観察に関して

クリックして拡大

クリックして拡大

 

 

【大腸】

大腸がんS状結腸の一部が約4㎝の範囲で不整に壁肥厚(最大12㎜)し、狭窄像を認める。壁内部はかなり黒く描出される。

ポリープなどの小さい病気までは見つけることはできませんが、エコーでも進行がんなどの大きな病気は見つけることができます。

colon ca.

 

【胃】

胃がん胃の壁が約7㎝の範囲で著明に肥厚しています(max3㎝厚)。層構造は不明瞭で筋層の輪郭が一部不整に描出されています。

早期がんをエコーで見つけることは困難ですが、進行がんであれば上記のようにエコーで指摘できることも多く、エコーは体に負担をかけず簡単にできるので、症状のある方はまずエコーを受けてみるのもいい方法だと思います。

Gastric ca.

→ → → → → → エコー症例へ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME