メニュー

十二指腸炎・びらん

十二指腸の粘膜がただれて傷ついた状態です。

軽症ではあまり症状はなく、胃カメラ(内視鏡)を行ってたまたま見つかることもありますが、程度が強くなると、みぞおちや背中の痛み・吐き気・不快感などの症状が現れることがあります。

 

<原因>

ピロリ菌による粘膜障害

・ストレスによる胃酸分泌過多

・腰痛や頭痛に対しての痛み止め(ロキソニン・アスピリン)などの薬剤の副作用

・アルコール

・アレルギー

炎症性腸疾患

など様々な要因でおこります。

 

<症状>

・みぞおちや上腹部の痛み

・背中の痛み(十二指腸は体の背側にあるため背中が痛むことがよくあります。)

・吐き気、不快感

などが起こることがありますが、軽症の場合は無症状のことも多いです。

 

<十二指腸炎・びらんの内視鏡写真>

十二指腸炎

クリックすると拡大表示します

 <治療>

十二指腸炎は症状が出ないこともあり、胃カメラでたまたま見つかることもあります。

そのような場合は様子を見ることがありますが、みぞおちや背中の痛みなどがある場合は治療を行います。

・生活習慣の改善:食べ過ぎやアルコールやカフェイン、刺激物の摂取を控える。

・薬の内服:胃酸分泌過多を抑える制酸剤、十二指腸の粘膜を保護する粘膜保護剤、などを用います。

 

また、前述の痛み止め(ロキソニンなど)による薬剤性の十二指腸炎や、アレルギー性紫斑病などの原因となる疾患がある場合は、そちらの治療を行いつつ粘膜保護剤や制酸剤を投与します。

 → → → → → →疾患一覧へ

<関連ページ>

胃内視鏡(胃カメラ)

胃痛・腹痛外来

ピロリ菌外来

炎症性腸疾患(IBD:アイビーディ)外来

 → → → → → →疾患一覧へ

→ → → → → →ホームへ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME