メニュー

感染性腸炎(嘔吐下痢症)

 感染性腸炎とは、細菌やウイルスなどが口から入ることによって起こる腸炎です。

嘔吐や下痢を伴うことが多く、「嘔吐下痢症」などと呼ばれることもあります。

身近なものであると、カキなどの2枚貝を食べた後に起こる「ノロウイルス」による嘔吐下痢症も感染性腸炎の中の一つです。

<目次>

  1. 原因は? 
  2. 症状は?
  3. 検査は?
  4. 治療は?
  5. Q&A

→ → → → → →疾患一覧へ

→→→→→ホームへ

原因

①食中毒

汚染された食物を十分な加熱なしで食べてしまうと、付着している菌やウイルスから感染します。

・焼肉(大腸菌など)

・焼き鳥(カンピロバクター) 

・カキ(ノロ) 

・魚介類(ビブリオ) 

・痛んだおにぎりや弁当(ブドウ球菌) 

また、海外の途上国の水なども注意が必要です。

 

②人からの感染

感染者の吐物や下痢などから移ってしまうことがあります。

ですので、ご家族や会社で共用のトイレの使用、トイレ後のタオルの共用などは注意が必要です。

また、ウイルスや菌が手についた状態で調理した料理などからも感染することはあり、手洗いもしっかりと行う必要があります。

 

<症状>

・吐き気・嘔吐

・下痢(軟便~水様性) 

・時に腹痛・発熱・血便

菌やウイルスの潜伏期間があるため、早いもので2時間・長いものだと1週間経ってからの発症することもあります。

黄色ブドウ球菌:2-3時間 ビブリオ:6-12時間 ノロ:1-2日 大腸菌(O-157など):2-5日 カンピロバクター:2-7日 

 

検査

便培養:便中の菌を調べる検査です。検査結果に1週間かかりますが、症状が長引きそうなときやO-157などの激しい腸炎の時は有効です。

血液検査:腸炎の炎症の程度を調べます

腹部エコー・レントゲン:腸管の浮腫んでいる部位や状態を見て感染菌やウイルスを予想します。

また、他の腸炎(虚血性腸炎潰瘍性大腸炎・クローン病など)の可能性がないかのチェックも行います。

 例)カンピロバクター腸炎のエコー像です。

エコーで上行結腸に全周性壁肥厚を認めました。範囲は広範で、特に粘膜下層の肥厚が目立つため、全体的に白っぽく描出されています。

問診で3日前に鶏肉を食べたというお話と、エコー所見からカンピロバクター腸炎を疑い治療を行いました。(後日にわかった便培養の結果でカンピロバクターが検出されました。)

→ → → → → →疾患一覧へ

→→→→→ホームへ

治療

症状は3-4日で落ち着くことがほとんどです。ただ、O-157やサルモネラ、カンピロバクターなどは時に重症化することがあり、そのような菌の感染が疑われた場合には慎重に経過を診ます。

※治るまでの目安 : 黄色ブドウ球菌:吐き気中心で1-2日 ノロ:1-3日 ビブリオ:2-3日 カンピロバクター:2-5日 O-157:5-7日

治療内容としては、

・安静

・水分摂取(OS-1、スポーツドリンク)や点滴

・薬(吐き気止め・軽い下痢止め 整腸剤)

・抗生剤(細菌感染を疑うとき)

・食事制限(消化の良いもの:おかゆ、素うどん、ゼリーやプリン、果物など)

で経過をみます。

Q&A

Q:人から人に移りますか?

A:移る場合があります。

感染性腸炎の原因は、病原体が口から入ってきて起こる“経口感染”で発症します。

大部分は食品から感染する食中毒ですが、以下の場合などに人から移る場合もあります。

 

・感染者の吐物や便に触れた手で口元を触ったりする場合

感染者の吐物や糞便を処理する際に、手についてしまい、手洗いが不十分だと、病原体が口に入ってしまい感染することがあります。

・感染者の手洗いが不十分な場合

病原体が手に付着したまま共有のタオルやドアや家具を触れ、その病原体を付着したものを他の人が触れ、そこから口を触りにうつるケースも考えられます。

また、感染者が手洗い不十分な状態で食品を触ったり、調理を行い、それを食べてしまうことで発症することもあり得ます。

・病原体が舞い散る場合。

感染者の便や吐物を放置し乾燥させてしまうと、病原体が空気中に舞い散ってしまい、その空気を吸い込むことで感染することもあります。

 

Q:仕事はできますか?

A:内容によって変わってきます。

通常の感染性腸炎の場合は、法律上の就労停止などはありませんが、しっかり休養を取った方が体調面ではよいと思われます。

ただし、飲食業や食品関係の仕事について国は、「責任者に対し“直に調理、加工、製造する者(食品取扱者)”に嘔吐下痢などの症状があれば、感染性胃腸炎の有無を確認すること。

ノロウイスを原因であった場合は、 リアルタイムPCR等の好感度の検便検査でノロウイルスを保有していないことが確認されるまで、食品の取り扱いに従事させないよう処置をとることが望ましい」と指導していますので、基本的には症状が改善し、病原体が消失するまでは休養が必要と考えます。

文責:神谷雄介院長(消化器内科・内視鏡専門医)

 

■関連ページ■

炎症性腸疾患

虚血性腸炎

腹部エコー

 → → → → → →疾患一覧へ

→→→→→ホームへ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME