メニュー

お小水をためて検査を受ける理由は?

お小水をためる必要があるのは、腹部エコー検査の方のみです。

甲状腺や、頸動脈エコーをご希望の方はお小水をためていただく必要はありません。

 

では、なぜお小水をためる必要があるのか?

答えは下の写真を見てください。

クリックして拡大

クリックして拡大

緑枠に囲まれた黒い部分が膀胱です。

排尿後であるため内腔のみえる面積が少なく、周囲の腸管ガスの影響でぼんやりしています。

一方、下の写真は、十分にお小水がたまっている膀胱です。

クリックして拡大

クリックして拡大

約1.5㎝の膀胱がんが偶然見つかった一例です。

しっかりお小水がたまっているため、内腔がしっかり観察できます。はりが出ることで、周囲の腸管ガスの影響もほとんど受けません。

この様に条件が良ければ、1㎝以下の小さな膀胱がんも、発見することが可能です。

 

お小水をためて検査を受けることのメリットはまだあります。

膀胱が膨らむことでその背中側にある臓器、男性であれば前立腺、女性であれば子宮や卵巣がよく観察できるようになります。

prosate gl.前立腺がよく見える場合はその大きさを測り、肥大の有無を確認します。

子宮や卵巣がみえた場合は、腫大や腫瘍がないかどうかを確認します。

 

このように膀胱、前立腺、子宮、卵巣は条件が良ければ観察可能です。

かといって、検査まで無理にお小水を我慢していただく必要はなく、つらい場合は排尿してしまって構いません。あくまでも我慢できる範囲で結構です。

→ → → → → → エコー検査へ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME