メニュー

なぜ、膵臓はエコー検査で観察しづらいのか?

「膵臓がんは怖い」と、耳にしたことはないでしょうか。

毎年検査受けていたにも関わらず、気づいたら大きくなっていた。

そんな話を聞いたことがあります。

何故でしょうか。

 

エコー検査において、膵臓は非常に見づらい臓器です。

 

膵頭体尾部1上の図のように、膵臓は解剖学的に頭部・体部・尾部で区切られています。

膵臓描出1膵臓と胃、十二指腸の位置関係の図です。

膵臓の体部は胃や十二指腸との重なりが少ないため、比較的観察しやすい場所です。

しかし、頭部は十二指腸にぐるりと囲まれ、更に尾部は完全に胃の裏にもぐりこんでいます。

 

胃や十二指腸の中には空気が入っています。

エコーは空気に触れると減衰が大きくなり、画像を出すことが出来なくなるため、

矢印部分は非常に観察しづらい場所となってしまうのです。

 

もし、この死角にがんが出来てしまったとしたら。

膵臓がんは他の部位に浸潤しない限り痛みが出にくいため、発見できるのは「相当大きくなってから」ということにもなり得ます。

これが世間で「膵臓がんは怖い」と言われる所以です。

 

当院ではこの死角を出来るだけ少なくするため、積極的な体位変換検査に取り入れています。

仰向けの観察のみでは、膵臓問わず様々な臓器で死角が生じます。それに対し上体を起こして頂いたり、横向きになって頂いたりすることで重力方向に内臓が動き、それまで見えなかった部位が明瞭に観察できます。

下の写真はとある患者さんの膵臓の写真です。

panc. 観察不足仰臥位での観察です。この時点では膵頭部、体部、尾部に明らかな病的所見は見当たりません。しかしコメントにあるように、尾部が胃のガスの影響で一部描出不可能でした。

当院では、この患者さんに対し右側臥位をとって頂きました。

panc.尾部観察側臥位にすることにより内臓が動き、ガスの影響も少なくなり、いい条件が重なったことで尾部の観察が可能になりました。

と同時に仰臥位では発見し得なかった病変を認めました(矢印)。大きさは8×7㎜です。

もちろん、体位変換によって全ての人が好条件になるわけではありません。しかし、当院では死角を減らすため必ず体位変換を行うようにしています。

→ → → → → → エコー検査へ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME