メニュー

大腸憩室症・憩室炎

 大腸憩室とは、大腸内の腸管内圧が上昇することにより、大腸の一部が袋状に腸管外に突出した状態です。

先天性の憩室と、後天性の憩室がありますが、後天性がほとんどで高齢の方によく見られます。

<内視鏡写真>

憩室写真

クリックすると拡大表示します。

<原因>

大腸憩室が出来る原因としては

・大腸内圧の上昇 

腸管壁の脆弱化 

があげられます。

便秘などで、大腸の内圧が上がると、腸管壁を支える筋肉が弱い部分が圧に負けて外に飛び出してしまい、袋状に膨らみこれが憩室となります。

特に血管が通る部分は筋肉が薄く飛び出しやすいと言われています。

憩室図改

クリックすると拡大表示します

また、加齢により腸管を支える筋肉が薄くなることも憩室が出来る要因であり、このため高齢の方に大腸憩室がよく見られます。

 → → → →大腸憩室症・憩室炎Topへ

  → → → →ホーム

 

<症状>

憩室は、それだけでは特に症状がないことがほとんどです

ただ、憩室に便がはまり込んだりすると、細菌が繁殖して憩室炎という状態をおこすことがあります。

憩室炎をおこすと、腹痛・発熱などの症状が出ます。

特に憩室は上行結腸とS状結腸に出来やすいため、左右の下腹部に痛みを来しやすいです。

放っておくと悪化して穿孔(腸に穴があく)することもあるため、症状がある場合は早めの受診が大切です。

 

また、前述のように憩室は血管を通るところに出来やすいため、出血を来すことがあります。これを憩室出血とよびますが、時に大量の下血を来し貧血やショック状態になることもあるので、憩室炎同様、下血を来した場合は早期の来院が重要となります。

 

憩室炎図改

 → → → →大腸憩室症・憩室炎Topへ

 → → → →ホーム

 

<検査>

大腸憩室症自体は大腸内視鏡(大腸カメラ)の時に、偶然指摘されることがほとんどです。

腹痛や発熱を伴う大腸憩室炎の場合には、血液検査や腹部エコーの検査で診断を行います。

(痛みを伴うような憩室炎の場合は大腸カメラを行うと腸管の内圧を上げて悪化してしまうことがあるため、通常はあまり行いません。)

 

・血液検査:憩室炎の炎症の程度や下血による貧血がないかを調べます

エコー痛みのある部位にエコーをあてることで、憩室炎があるかやその炎症の広がりを確認します。

以前はCTで診断することも多かったですが、最近ではエコーでもしっかり腸管が診れるため、エコーで診断できることがほとんどです。

 

<大腸憩室炎のエコー画像>

腹痛のある部位に一致して憩室が描出され、憩室周囲の大腸の壁が炎症により肥厚し見えます。

大腸の憩室炎

大腸の憩室炎

 

<大腸憩室炎の内視鏡画像>

憩室炎内視鏡

クリックすると拡大表示します。

 

→ → → →大腸憩室症・憩室炎Topへ

 → → → →ホーム

 

<治療>

憩室に炎症が起こった場合(大腸憩室炎)は、抗生剤食事制限で様子をみます。炎症が強い時は入院や、憩室が穿孔(腸に穴があくこと)した場合には手術が必要になることもあります。

また、下血を伴っている場合(大腸憩室出血)は、大腸内視鏡(大腸カメラ)を行い憩室からの出血を止めます。

 治療期間は、軽症であれば外来で3-5日程度で改善することが多いですが、悪化することもありこまめに通院してもらいながら慎重に経過を見ます。

悪化の兆候があった場合は、入院に切り替え1週間~10日くらい治療を行います。前述のように穿孔し手術になった場合は、2週間~1カ月程度の入院のケースもあります。

→ → → →大腸憩室症・憩室炎Topへ

 → → → →ホーム

予約用

 

<実際の治療例>

・50代 女性 腹痛と発熱

【症状】

2日前から左の下腹部に違和感が出てきていましたが、寝れば治るだろうと思い、そのまま様子をみておられました。

ところが、翌日も違和感は取れておらず、次第にチクチクとした痛みに変わってきました。

病院に行こうか迷っておられましたが、日中に予定があるため受診出来ずにその日も様子を見られていました。しかし夜中になり痛みが強くなり、37度台の微熱も出てきたとのことで、朝になって当院を受診されました。

 

【診察・検査】

診察では、痛みが左下腹部に限局しており、以前に大腸カメラを受けて大腸憩室を指摘されていたとのことで、大腸憩室炎を疑いました。

エコーを行うと、痛みの場所に一致してS状結腸の憩室(図:赤部分)と周囲の大腸の壁の肥厚(図:水色部分)が描出されました。

憩室症例図

クリックすると拡大表示します

血液検査でも軽度の炎症反応が認められたことから、大腸憩室炎と診断しました。

 

【治療】

憩室炎は重症の場合は入院して様子を見ることもありますが、今回はエコー所見・血液検査ともに軽症であったので外来で治療を行うこととしました。

■治療内容■

①抗生剤

外来にて抗生剤の点滴を行い、内服薬の抗生剤を飲んで頂きました。

②食事制限

腸管を安静にし憩室部分に便による圧がかからないように、お食事は水分やスポーツドリンク、ゼリーやプリンなどの流動形のものの摂取にとどめてもらいました。

また、炎症と戦うための栄養を補うために抗生剤と同時に栄養剤の点滴も行いました。

 

【経過】

憩室炎が悪化してないかどうかの経過をみるため、翌日にクリニックを再診して頂いたところ、腹痛はだいぶ改善してきており、血液検査での炎症反応も低下してきていました。

このままの治療方針で憩室炎の改善が見込める状態と判断し、食事は2-3日おかゆやうどんなどの柔らかいものを食べて頂くようにし、抗生剤の内服で治療を継続とし、4日後に再診としました。

再診時には腹痛の症状はすっかりなくなっており、血液検査・エコーの所見とも改善しており、憩室炎の治療は終了となりました。

 

今回の方は比較的早期に受診して頂いたため、幸いにも憩室炎が悪化せずに外来通院で完治することが出来ました。

このように憩室炎は早期に治療を開始することが重要ですので、当院では大腸カメラで憩室を指摘された方や憩室炎の既往がある方には、腹痛や発熱などの症状があるときにはすぐに来院してもらうようにお伝えしております。

ただ、憩室炎は悪化すると穿孔といって腸が破れてしまい腹膜炎という重篤な状態に陥り緊急手術になったりするケースもあるので、炎症が強い場合や腹痛が強い場合には入院して慎重に経過を見る必要があります。

→ → → →大腸憩室症・憩室炎Topへ

→ → → →ホーム

■関連ページ■

胃痛・腹痛外来

血便外来

大腸内視鏡(大腸カメラ)

腹部エコー

予約用

 

→ → → →大腸憩室症・憩室炎Topへ

→ → → →ホーム

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME