メニュー

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは胃酸が胃から食道に逆流し、胃と食道のつなぎ目の部分に炎症が起きている状態です。

胸やけやげっぷ・のどの違和感などの症状の原因となります。

 

<原因>
 

クリックすると拡大表示します。

逆流性食道炎は、胃酸分泌増加や胃の動きの低下や胃の内圧の上昇、粘膜の知覚過敏、食道と胃の境目にある括約筋の機能低下など様々な要因が重なって発症します。

知覚過敏:ストレス、睡眠不足、疲れなど

胃酸分泌の増加:食生活(アルコールやカフェイン、食べ過ぎなど)の乱れ

括約筋の低下:年齢

など

→→→→→逆流性食道炎topへ 

→→→→→疾患一覧に戻る

 <症状>

胃酸が胃から食道に逆流してくることで胸やけゲップなどが出やすくなり、逆流が咽頭(のど)にまで達してくると、咽の違和感なども出てきます。

また胃酸が分泌過多傾向になっていることが多く、胃痛や胃もたれもよく見られる症状です。

◆逆流性食道炎の代表的な症状◆

・胸焼け

・ゲップがよく出る

・呑酸(のどや口の中の酸っぱい感じ)

・のどの違和感、つまり感

・咳がよく出る

・胃もたれ

・胃のむかつき

・胃痛

など

 

→→→→→逆流性食道炎topへ 

→→→→→疾患一覧に戻る

<内視鏡所見>

逆流性食道炎の診断は、症状内視鏡(胃カメラ)によって診断します。

胃内視鏡(胃カメラ)で見た時の炎症の程度により、グレードNMABCDと分類されます。
(グレードN (正常⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ Dの順に病気が進行します。)
 
 

→→→→→逆流性食道炎topへ 

→→→→→疾患一覧に戻る

 

 

<治療は?>
 
胃酸の逆流が起こっており胸焼けなどの症状があっても内視鏡的に炎症は起こっていない状態も多く認められます。(内視鏡所見のグレードNにあたります。
そのような場合でも症状があれば治療を行います。
(胃酸を抑える薬、粘膜の知覚過敏を抑える薬、生活習慣改善など。治療に関しての詳細は、 胸やけ外来をご覧ください)
 
逆に、内視鏡的な所見はあっても自覚症状がない方もおられます。
そのようなケースでは、内視鏡の程度が軽ければ症状がない場合は治療せずに経過をみることもありますが、炎症が続くとバレット食道という状態につながったり、いずれ自覚症状も出ることが多いのでなるべく治療することをお勧めしています。
 

※逆流性食道炎は繰り返しやすい??

逆流性食道炎の要因には、胃酸の分泌の増加胃や腸の動きの低下が関わってきますが、これらはストレスや生活習慣によってもたらされることが多いです。

胃酸の分泌や胃や腸の動きは自分の意志ではコントロールできずに、体が勝手に自律神経を介してコントロールしているのですが、ストレス生活習慣(食生活・アルコール・タバコ・睡眠など)の乱れがあるとコントロール機能が上手く働かず、胃酸過多になったり、胃や腸の動きが低下し、逆流性食道炎を起こし、胸やけが発生します。

ですので、ストレス因子が持続したり、生活習慣が改善しないと、一旦薬でよくなったあともぶり返すことが多いのです

そのため習慣の改善を行うことが大切になりますが、急激な習慣の改善が難しかったり、ストレス環境が続く場合には、薬を持続的に使用したり、胃酸の分泌を正常に保つようなサプリを使用することもあります。

また、胃酸を抑える薬を服用していると、薬をやめた際に一時的にリバウンド反応を起こし、胃酸が分泌しやすくなり胸やけの再発を起こすことが少なからずありますが、胃酸の分泌を正常化するサプリを服用することで、そのリバウンドが出にくくなると言われています。

そして、サプリは食品ですので、通常は副作用が出ることがなく、長期に安全に飲んで頂けるというメリットもあります

このように生活習慣の改善やサプリの服用を行い逆流性食道炎を起こしにくい体質をつくることも重要です。

◆実際の治療例◆

40代 男性 繰り返す胸やけ

【症状】

数年前から度々胸やけを繰り返しておられ、近所の内科で胃薬をもらって様子をみていました。ここ半年ほどは胸やけの頻度も増え、薬を飲んでも改善しないこともあり、内科の医師からは胃カメラを受けるように勧められていましたが、恐怖心もあり躊躇していました。

会社の同僚から、当院で無痛内視鏡で楽に検査を受けることが出来たとの話を聞き、当院を受診されました。

 

【診察】

症状からは逆流性食道炎を考える状態であり、経過も長いため、やはりまずは胃カメラでの状態評価が望ましいと考えました。

ご本人は、「胃カメラは今まで一度も受けたことがないものの、 “えづき”が強い体質なのでかなり恐怖心が強い」とのことで、鎮静剤を使って無痛状態で行うこととしました。

 

【検査】

実際に胃カメラで観察をを行ったところ、やはり逆流性食道炎の所見を認めました。

※検査自体は本人が眠った間に終了し、苦痛は全くない状態で施行できました。

 

【治療】

逆流性食道炎は胃酸の分泌過多や、胃の動きの低下などで生じることが多く、酸分泌過多を抑える制酸剤や胃の動きを改善する運動機能改善薬を組み合わせて治療することとしました。

また合わせて胃酸の分泌過多・逆流を抑えるための生活習慣の改善を指導しました。

<治療内容>

1.制酸薬

胃酸の分泌過多を抑える薬です。胃酸分泌過多を適正化してくれることで逆流を抑えてくれます

今回はプロトンポンプ阻害薬(PPI)という薬を処方しました。

2.運動機能改善薬

胃の動きを改善する薬です。胃から十二指腸への排出機能を改善させることで胃酸の逆流を防ぎます。

 3.生活習慣指導

仕事が忙しく夜寝る前に食べてしまうことが多いとのことであり、何とか早めに食事を摂り、就寝までの間は最低でも2時間以上あけるようにしました。

座位の姿勢であれば、食べ物は重力で胃の先の腸に流れ易くなりますが、食べてからすぐに就寝すると、胃内に食事がうっ滞したり、逆流しやすくなります。

また、忙しく時間がないせいで早食いになりがちとのことで、ゆっくりよく噛んで食べてもらうことも心掛けるようにしました。

早食いしてしまい、食べ物が大きい形のまま胃内に入ってくると消化に時間がかかり、胃内に滞留してしまい逆流性食道炎の一因となるためです。

 

【経過】

2週間後の再診の際に状態を伺うと、投与開始後、3日目あたりから胸やけの頻度が減り、再院時にはかなり良くなっている状態でした。

ご本人と相談し、薬は徐々に減らしつつ、1か月後の再診の際には一旦中止してみました。

ごくたまにに胸やけはあるものの、全体としてはほとんど問題ない状態とのことで、症状があるときだけ薬を服用する方針としました。

 

もともと胸やけはあったものの、夜遅くに食事を摂るようになったころから胸やけの頻度が増加し始めたとのことで、その習慣の改善が逆流性食道炎がよくなった要因の一つと考え、今後も生活習慣には十分注意して頂くこととしております

※その他の治療例は胸やけ外来のページに記載してあります。

→→→→→逆流性食道炎topへ 

→→→→→疾患一覧に戻る

文責:神谷雄介院長(消化器内科・内視鏡専門医)

<関連ページ>

当院オリジナルサプリ「i-katsu」

胃内視鏡(胃カメラ)

胸やけ外来

のどのつかえ・違和感外来

バレット食道

→→→→→逆流性食道炎topへ 

→→→→→疾患一覧に戻る

→→→→→ホームへ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME