メニュー

機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアとは、食道や胃・十二指腸、その他の内臓に病気がないにも関わらず、胃の機能の異常や、食道・胃の粘膜の知覚過敏などで、痛み・はり・もたれ・吐き気などが起こる状態です。

以前は「神経性胃腸炎」や「胃が弱い」などと表現されていた疾患になります。

 

※胃の機能

胃酸の分泌:胃酸が分泌過多になると粘膜を刺激して痛みの原因になります。

食べ物の排出:胃の排出機能がおちると、もたれや吐き気が起こります。

 

<原因>

もともと、胃や腸などの臓器は自分で動かそうと意識しないでも勝手に動いている臓器で、この動きをコントロールしている神経を自律神経と言います。

ストレスや疲れ・不規則な生活が重なると自律神経の働きが乱れ、機能異常を来し、胃酸分泌過多胃の排出機能の低下が起こります。

また、胃や腸の粘膜は非常にデリケートなので、ストレスによって知覚過敏になることもあり、通常の胃酸の刺激や腸の動きを違和感・痛みと誤認してしまうこともあります

fd2

クリックすると拡大表示します

※自律神経の働きを乱す要因

・ストレス

・食べ過ぎ、刺激物、アルコールなどによる胃や食道への慢性的な負担

・感染症(胃腸炎)による胃腸障害後

・睡眠不足、疲れ

など

 

<症状>

機能性ディスペプシアの症状としては、

・みぞおちや胃の痛み、上腹部の違和感

・胃や上腹部のはり、胃もたれ

・吐き気

などが起こります。

 

<検査>

機能性ディスペプシアは、症状の原因となる他の病気がないことをしっかり調べたうえで初めて診断されます。

(例えば、胃痛・胃もたれといった症状であれば、機能性ディスペプシアの他に胃潰瘍胃がんの可能性などの可能性もあり得ます。)

エコー:外から膵臓や胆のうなどの上腹部の内臓の状態を確認します。また大きな胃潰瘍・十二指腸潰瘍はエコーでもわかります。

血液検査:痛みの原因となる炎症がないかを確認します。

胃カメラ:実際に胃の粘膜の状態を確認し、症状の原因となる病気(胃炎・潰瘍・がん)などがないかを調べます。

内視鏡予約2図1

 

 

<治療>

検査をして異常がなければ、機能性ディスペプシアと考え治療を行います。

・生活習慣の改善:食生活の見直し、休養

・内服薬:胃酸の分泌過多を正常化し、胃の動きを改善する薬を使います。

・漢方薬:粘膜の知覚過敏を抑えたり、動きを健全化させてくれるお薬を使います。また「胃が弱い」といったような体質を改善するのにも役立ちます。

  → → → → → →疾患一覧へ

ご予約

 

■関連ページ■

胃内視鏡(胃カメラ)

エコー

 

→→→→→疾患一覧に戻る

→→→→→ホーム

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME