メニュー

2.どんな人が受けるの?(胃)

 

①症状のある方

胃カメラを受ける理由の一つに、胃の痛みや胸焼けなどの症状があります。

直接粘膜の状態を見ることで症状の原因をさぐり、病気に合わせた治療を行うことができます。

<代表的な症状>

胃痛・胃もたれ、胸焼け、のどの違和感

 

②がんの早期発見目的

胃カメラの検査理由のもう一つの大きな目的はがんの早期発見があります。

ここ最近、がんは早期発見することでほぼ完全に治療することが可能になってきました。特に食道がん・胃がんはリンパ節転移の低い極初期の段階では胃カメラでの治療ができるため、症状がなくとも受けることが大切です。

※がんの早期発見については、消化器がん早期発見・予防外来もご参照ください。

 

下記のようながんのリスクがある方は定期的に胃カメラを受けることをお勧めいたします

<各部位のがんのリスク>

咽頭がん・食道がんのリスク:

・飲酒(特に顔が赤くなる方

・喫煙

・熱い飲み物を飲む習慣など

胃がん:

ピロリ菌の感染歴

・喫煙

・高塩分

・胃がん検診陽性

・胃のバリウム検査の異常

 → → → → → → topへ

⇒Next:3.胃内視鏡(胃カメラ)の方法 ~経鼻・経口・鎮静剤の選択について~

⇐Back:1.胃内視鏡(胃カメラ)ってなに?

 

■関連ページ■

胃痛・腹痛外来

腹部違和感(はり・もたれ)外来

胸やけ外来

のどのつかえ・違和感外来

消化器がん早期発見・予防外来

ピロリ菌外来

  → → → → → → topへ

<目次>

1.胃内視鏡(胃カメラ)ってなに?

2.どんな人が受けるの?

3.胃内視鏡(胃カメラ)の方法 ~経鼻・経口・鎮静剤の選択について~

4.胃内視鏡(胃カメラ)を受ける時の流れ・かかる時間

5.当院の胃内視鏡(胃カメラ)の工夫

6.胃内視鏡(胃カメラ)の費用

7.胃内視鏡(胃カメラ)でわかる代表的な疾患

8.検査予約

9.胃内視鏡(胃カメラ)のQ&A

→ → → → → →胃内視鏡(胃カメラ)Topへ

 → → → → → →ホーム

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME