メニュー

腹部違和感(はり・もたれ)外来

06_15

「なんだかお腹が張ったような、重たいような気がして気になる」

 

そんな症状はけっこうよくあることで、よくあるがゆえに様子をみてしまうこともしばしばです。

また、気にはなるけど、痛みがないので“いつか病院にでも行ってみるかな”と思いつつそのいつかがなかなか来なかった、というのもよく伺う話です。

 

確かに痛みがなければ様子を見てしまうことも多く、実際にその違和感の正体は、

  • 食べ過ぎ・食生活の乱れやストレスなどによる胃や腸の動き低下
  • 胃や大腸などの内臓の知覚過敏

 といった、病気というより胃や腸の調子の問題によることが多いのも事実です

 

ただ、それだけではなく、時に大きな病気のサインだったりするケースもあり、また食後の胃もたれや慢性的な胃やお腹の張った感じなどの違和感があると、気になって仕事や勉強に集中出来なかったり、食事が美味しく食べられなかったりと、日常生活の妨げになることも少なくありません。

 

そのような違和感の原因を突き止め、隠れた病気を見つけたり、日常生活をより快適に過ごすためのお手伝いをさせていただく外来です。

 

<目次>

1.腹部違和感の原因は?

2.検査は?

3.治療は?

   → → → → → → topへ


  

1.腹部違和感の原因は?

胃や腸の動きの低下や知覚過敏などの機能的な問題で起こる場合と、病気で起こる場合があります。

 

まずは、機能的な問題で起こる場合について触れたいと思います。

もともと、胃や腸などの臓器は自分で動かそうと意識しないでも勝手に動いている臓器で、この動きをコントロールしている神経を自律神経と言います。

ストレスや疲れ・不規則な生活が重なると、自律神経の動きが乱れ、結果的に胃や腸の臓器の動きが低下してしまうことで、ガスや食物がうっ滞し腹部の「はり」や「重たい感じ」が起こってしまいます。

また、胃や腸の粘膜は非常にデリケートなので、ストレスによって知覚過敏になることもあり、通常の胃酸の刺激や腸の動きを違和感・痛みと誤認してしまうこともあります

(このような機能の問題で起こる病気を機能性ディスペプシア過敏性腸症候群:IBSと呼びます。)

fd2

クリックすると拡大表示されます

 

また、病気の場合は

胃や腸などのガンによる食べ物やガスの通過障害

腹水

腸閉塞

腸炎

など、他にもたくさんありますが、胃や腸だけでなく、腹部の様々な臓器の病気によって起こります。

腹部違和感原因

 

 → → → → → → topへ


 

2.検査は?

<問診・触診>

症状の状況、発症時期、持続時間などを伺い、触診を行い症状のある部位を確認します。

 

<血液検査>

問診で疑われる症状の原因となりうる臓器の数値の異常がないかをみます。

 

エコー・レントゲン>

内臓の状態や実際のお腹のガスの溜まり具合を体の外側から確認し、違和感の原因を探します。

 

胃カメラ(胃内視鏡)

症状の原因が胃や十二指腸などの上腹部の内臓に疑われた場合に行います。

 

大腸カメラ(大腸内視鏡)

症状の原因が大腸にあると疑われた場合に行います。

 

 → → → → → → topへ


 

3.治療は?

 

病気による場合はその病気の治療をしっかりと行います。

病気ではなく、ストレス・食生活による胃腸の動き低下や粘膜の知覚過敏の場合は、原因となるストレスや食生活を問診や診察の中から見つけ改善方法を一緒に考えていくと同時に、症状を取り除くお薬や、機能を改善させるためのお薬も使います。

昔から胃が弱い体質・腸が弱い体質と言われているように、このような症状には体質が関わっていることも少なくないため、体質自体を改善し今後も症状が出にくくなるような薬も使っていきます。

予約用

  → → → → → → topへ

■関連ページ■

機能性ディスペプシア

過敏性腸症候群

エコー

胃カメラ(胃内視鏡)

大腸カメラ(大腸内視鏡)

  → → → → → → topへ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME